瞑想太郎の性愛講座

私たち現代人はAVなどのメディアなどから無意識の内に刺激と興奮に満ちた性愛を学んできています。

性愛講座では刺激と興奮に満ちた性愛から、くつろぎと一体感のある性愛へと変容していくことがテーマです。

 

くつろぎと一体感のある性愛は、セクシャルな肉体としての関係からスピリチュアルな魂の関係へと移行する架け橋になります。このようなパートナーと共鳴し合う一体感は、ベッドルームを離れた日常生活にも波及していくことでしょう。

 

その反対に一般的な男性優位のAVをもとにした性愛をしていれば、女性は置いて行かれます。

オーガズムすら得られない女性が大多数を占めているのも当然のことです。

 

男性優位の性愛を女性優位の性愛にしていくことも大切ではありますが、性愛講座ではさらに進んでパートナーと共に在るという感覚を養います。何かをしようとせず、ただくつろいで交わっていることができれば、そこには二人の同調したリズムが生まれてくる可能性があります。

 

自然に身体が流れ、揺れ動いていく。お互いの中にある深い何かが共鳴していく。満たされる性愛には、一般的に必要とされているテクニックや技術など何の役にも立たないことも理解できることでしょう。

 

パートナーとの深いつながりを求めるあなたへ、老若男女を問わずにお奨めできる二部構成のワークショップです。男女共学で、おひとり様はもちろん、カップルでの参加も歓迎いたします。なお、きわどいワークなどは一切ありませんのでどうぞご安心ください。



次回の開催予定

【開催概要】

名称   :瞑想太郎の性愛講座 ~性が豊かになるくつろぎと一体感~

開催日程 :2018年1月27日(土)

開催時間 : 16時半~18時 (開場16時15分)

開催場所 : 都営地下鉄新宿線/都営地下鉄大江戸線 森下駅近郊

      (お申込み時に開催場所等の詳細をお伝えしています)

定員   :10名

参加費    : 10,000円

予約方法 : お申し込みはこちらのページから


パートナーシップ講座の内容について

【プログラム】
第1部 男女の二元性を超える ~愛の道~

ファシリテーター 瞑想 太郎 / 花びら子

1).くつろぎの中で一つとなる

・身も心もパートナーとつながるには
・男女が分離する4つの要因


2)男女のフィジカルの違いを理解する
・男は火の性質を持ち、女は水の性質を持つ

・男性の火の性質を理解する

・女性の水の性質を理解する

・火と水を融合させるには

3)怖れから愛の道へ

・相手にどう思われるかを気にする相手軸

・愛される為に無理をするよりもダサイままでいるがよし

・自分がどう思うかを気にする自分軸

・愛撫とは刺激することではなく、愛して撫でること

・自分の感覚を信じきる

・あなたの真実のままで出会えるかどうか

4)スピリチュアルな出会い
・どちらでもあって、どちらでもない中心軸

・ただ触れること、ただ見つめることの難しさ
・為すことの中にある緊張 為すことのないくつろぎ

・言葉無き会話”コミュオン(共鳴)”はハートでの出会い


5)肉体は分離し、エネルギー(気)は一体化する
・気が合うということ、息が合うということ
・川や滝、木、山、洞窟、音楽とも一体化できる


6)男女の二元性を超える
・共鳴し合って生きる
・パートナーの幸せが嬉しければ嫉妬は消えていく

 


第2部 瞑想とエクササイズの実践

ファシリテーター 瞑想太郎  /  花びら子

 

1)身体を緩めエネルギーを循環させるスワイショウ

2)人の発しているエネルギー(気)を感じるワーク

3)エネルギーを高める呼吸のワーク

4)感じる身体をつくる

5)愛を持って見つめるワーク
6)エネルギーの共鳴を感じるワーク
7)瞑想技法の実践 ・・・他


ファシリテーターについて

【ファシリテーター】

◆瞑想 太郎
20代前半で数多くの体験を重ねた結果、性の虚しさを知るに至る。テクニックの習得に励んだこともあるが、テクニックという機能だけを道具として重宝されることになる。様々なアブノーマルな行為の体験を重ねたが、脳が興奮するだけで心は満たされないことを知る。正しく善とされる性にも取り組んでも、正しいこと、正しくないことの基準により性が不自由になることを知る。量も質も、あらゆる角度から性に取り組み、瞑想をベースにすることでパートナーとの共鳴が起こり、満たされるに至った体験をシェアする活動をしている。

 

◆花びら子

瞑想太郎のパートナー。正体は不明だが美人らしい。