電気的エネルギーの交換

ハグがわかればセックスがわかる

ハグがわかればセックスがわかるというのが持論です。大切なことは自分の持つエネルギー(波動)と相手の持つエネルギーが共鳴すること。肉体は分離しても、エネルギーは共鳴し合うので、ハグだけで一体感を味わうことは可能です。

 

男性の性器は+の陽極で女性の性器は-の陰極、女性の胸は+の陽極で男性の胸は-の陰極にあると聞いたことがあります。男性の性器から女性の性器へエネルギーが流れ、女性の胸から男性の胸へとエネルギーが流れて、男女の間に一種の円環が起こる。この円環のことを愛の円環と呼ぶのだそうです。

 

だから、一般的によく見かける肩と肩だけを交わすようなハグではなく、しっかりと胸と胸、ハラとハラをくっつける。くっついたハグを続けていると、エネルギーが流れて円環が起こることがあります。もし、このような円環が起これば、溶けあってしまった様な感覚になり、ずっとこのままで離れたくないと思うはずです。

 

二人の間に生まれる自然なリズム

そして、そのままくつろいでハグをしていれば、そこに二人の同調したリズムが生まれてきます。身体が自然に流れて、揺れ動き、二人の中にある深い何かが交流をし始める。この揺れ動くリズムのなかで、自然と手が動き出し、相手の背中や腕を撫で始めるかもしれません。

 

相手を気持ち良くしようとする意図もなく、自分の中から溢れてくる何かが自然と相手の身体を撫でている。もし、このような現象が起きれば、内側から溢れる愛が撫でているから愛撫なのだと理解することでしょう。相手を刺激して気持ち良くさせることが愛撫ではないのです。

 

一方で、ガシっと力任せなハグをしていると、緊張してしまいリズムが生まれにくい。相手を感じられないから、一方的に抱きしめているケースもあるでしょう。他にも、相手にエネルギーを送ろうとか何かを為そうとしている時にも緊張があるのでリズムが生まれてきません。男性の場合、やべぇ~。おっぱいが当たってるぞ!等といちいち女性の肉体に興奮していても、内側にある何かを感じることが難しくなります。 

 

外側から内側にベクトルを向ける

相手に対して一方的になってしまうことも、相手に意識が向かいすぎるのも普通のことです。普通のことよりも奥深い領域に向かいたい人には瞑想をおススメします。外側にあるテクニックや技術などを学ばなくても、必要なことはすべて内側にあるからです。瞑想によって外側に向いていたベクトルが内側へと向きます。

 

相手を満足させようとベクトルが外側に向いていれば、相手の反応に一喜一憂することになります。満足を与えようとすれば、外側にある技術やテクニックを求めることになるでしょう。まずは、内側にベクトルを合わせること。内側の感覚がすべてを知っています。 

 

そうして、ただ抱きしめてくつろいでいること。二人の間に何らかのリズムが生まれて来ることがあれば、何かを掴めるはずです。ハグがわかればセックスがわかるようになります。

 

【セクシャリティ講座のお知らせ】