チャクラのオーガズムと一体化のオーガズム

チャクラのオーガズム

最近は講座などを開くようになり、これまでに取り組んできた技法のことや体験をシェアし始めたけれど、いまも探求者であるし、道が続く限りこれからもきっと探求者であり続けるのだろうと思う。 

 

そして、いま探求しているテーマは、チャクラのオーガズムと一体化のオーガズムは同じ種類のものなか、それとも異なるものなのかということ。それこそ文献を探していけば、どこぞの修行者が書いてくれた書物があるのかもしれないけれど、自分の身をもって理解しなければ、それはあくまで他人様のものであって自分のものではない。

 

チャクラのオーガズムは歌を歌っていて起こることもあって、内側のエネルギーが会陰から背骨を通って上昇して脳天へと抜けていく。このチャクラによるオーガズムは、ハミングやトーニングといった技法を使う瞑想会によって普段からシェアもしている。

 

セクシャリティの分野においては、タントラやタオの房中術などにチャクラを通すオーガズムがある。男性の場合で言えば、主に射精が起こるエネルギーを利用する。射精でなくても、性的なエネルギーが沸いたらそのエネルギーはいつでも活用できる。

 

男性の場合、射精によって新しい命を生み出せるほどのエネルギーを外側に向かって放出することになる。タントリカやタオイストはこのエネルギーを外側に放出せず内側に留めるだけでなく、このエネルギーを昇華させていく。

 

射精が起こる手前の段階で会陰の筋肉を引き締めて、物理的に精液が放出される道を塞ぐとともに、口を閉じて鼻から息を吸い込み、精巣から仙骨のある体の後方にエネルギーを運び、背骨を通して脳天へとエネルギーを引き上げる。

 

タントラであれば、このエネルギーを脳天からさらに上方に通して一種のオーガズム状態へと至る。タオの房中術であれば、脳天まで上昇したエネルギーをまた下降させていく。いずれにしても、これらは射精せずにチャクラや経絡などにエネルギーを通すことによる一種のオーガズムだと理解している。

 

よくいう、宇宙に行っちゃった、死んでしまったみたいなどの表現はこの種類のオーガズムなのだと思う。これは射精よりも強いオーガズムなので、この種のオーガズムを体験していくことで、射精はあってもなくてもどちらでも良いものになっていく。

 

一体化のオーガズム

一方で一体化によるオーガズムは起こる時に自然と起こる。セックスしている相手と自分の身体の境界線が溶け去ってしまい、これは自分の身体なのか相手の身体なのかわからなくなってしまったり、身体そのものが消えてしまい意識だけが残っていることになったりする。

 

山に入る時も同じだ。通常、山を登る時は筋力を使って登るからすぐに息が上がってしまう。筋力を使うことで多量の酸素を必要とするからだ。呼吸を中心にして登ると、きつい登りであれば、呼吸の分だけ半歩ずつ進んだり、0.1歩ずつゆっくりと歩みを進めていくことになる。

 

呼吸の分だけ歩みを進めるから息は上がらない。こうして呼吸とともに歩くことで、ある種のヴィパッサナー瞑想の状態で山を登ることになる。この状態で歩みを続けていると、どこかのタイミングで山と呼吸が合い一体化することがある。

 

目の前の樹木や足元に生い茂る熊笹や山そのものと一つになっているオーガズムの状態。異性や山などを通じて神なる何かを見るといった感覚と言えばいいだろうか。 そして、これは気が付けばそうなっていることであって、自分でしようと思ってすることができない。

 

エネルギーが上昇しているから一体化のオーガズムが起きているのか、それともチャクラのオーガズムと一体化のオーガズムは異なるものなのか。この違いが腑に落ちそうで落ちないもどかしいところにいる。いまはこれらのオーガズムをテーマに自らの身をもっての探求を続けている。 

 

【ワークショップのお知らせ】